はるかなるものみな青し

芸能界、テレビの話のあれこれ。 でも、一番好きな番組は「めざまし土曜日」の「土曜日のニャンコ」なのだ。

「エロって言われすぎて病んだ」のべ20万人動員のAKB48握手会で騒動勃発

 可愛そうだな。
 ファンってもっとアイドルを大事にするもんだと思ってた。
 なんか、自分だけがよければいいってばっかりなんだなぁ。


9月10日、11日、幕張メッセにのべ約20万人を集めたAKB48「フライングゲット」(キングレコード)付属握手券による個別握手会。主力メンバーは1日9時間にわたって握手会を行うシングル発売時の恒例となっているこのイベントで、ファン層の拡大と共に今回はさまざまな騒動が発生したようだ。

「対人スキルが低い10代のファンが増え、ネット上のウワサやメンバーの住所を聞いたりする輩が続出しました。『EXILE魂』(TBS系)に出演した際に"エロキャラ"と紹介されて話題を呼んだ河西智美は、Twitterで『エロって言われすぎて病んだ』と発言。セクシーだと誉めるつもりでファンが発した言葉でも、わずか7秒程度の握手時間ではその真意が伝わらなかったようですね。また、秋元才加には中指を突き出すポーズをしたファンがおり、秋元はブログで『来てくれるファンの皆にも言葉やマナーを気をつけて欲しい』とコメントしました。AKBの個別握手会では、握手券、納品書、身分証明書を係員が照合しています。そのトリプルチェックを経てまでも、中指を立てたりメンバーに苦言を呈するのはファンとしても勇気が要る行動。アンチ的な行動の裏には"期待"があるんです」(週刊誌記者)

 河西の発言はネット上で騒動を巻き起こしたが、河西は「みなさんに笑顔になってもらうためにともがいるんだから」とアイドルとしての自覚を改めて表明した。さまざまな騒動が起こった握手会だが、AKB48の活動には不可分なようだ。

「AKB48は握手会にこだわり、ファンと対話したり、アドバイスを受けることで成長してきました。第3回総選挙では特に握手会を大切にしてきた柏木由紀、指原莉乃らが急上昇。今年初めて36位に入ったSKE48の須田亜香里は、『ファンレターはすべて熟読し、名前や内容をノートに写して頭にたたき込んでいます。握手会などに来てくれた時にきちんとお礼するためです』(朝日新聞)と発言。握手会をファンへの感謝を語る場所だと考えており、アグレッシブなダンスも含めて人気急上昇中です」(アイドル雑誌ライター)

 握手会は単に握手をするだけでなく、ファンとメンバー双方が声を掛け合う交流の場となっている。運営も握手会のたびにスタッフがファンの意見を聞くブースを設け、質問と回答をまとめてTwitterで公開。顧客満足度の追求を行っている。大多数のファンはマナー良く握手会に参加しているものの、今回は一部のファンの無作法が悪目立ちしてしまったようだ。

 アイドリング!!!、ぱすぽ☆など多くのアイドルグループも行っている握手会。CDが売れない時代でも握手会という体験は"コピー"できないため、CDを売るための一助となっている。今後もファンとメンバーの絆を育むためにはマナーを遵守することが大切だろう。

(日刊サイゾー)











コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Appendix

jin

jin

DTIブログにようこそ!

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

<% content.header -%> <% content.free.text %> <% content.footer -%>

 *** 








Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks