はるかなるものみな青し

芸能界、テレビの話のあれこれ。 でも、一番好きな番組は「めざまし土曜日」の「土曜日のニャンコ」なのだ。

東原亜希【東原亜希「結婚式ガイド本」挙式日に発売】

 相変わらず微妙。
 ピント違うんでねぇ?

 ま、引き出物に本もらっても、迷惑なだと思うよ。

 
 来月18日に柔道家井上康生氏(30)と結婚式を挙げるタレント東原亜希(25)が、結婚式の完全ガイド本「東原亜希のハートフル■ウエディング」(ワニブックス)を挙式日に発売する。4カ月前の準備開始から、東京・帝国ホテルで挙式する当日の引き出物やダイエット法や美容マッサージまでを紹介。巻末エッセーでは、井上氏との出会いからマル秘エピソードも初告白している。「この本を読んだら披露宴に参加したも同然!!ってくらい、ほんとにすべての情報を詰め込みました」。“幸せのおすそ分け”として、引き出物にもするという。

※■はハートマーク
(日刊スポーツ)



東原亜希のハートフルウエディング

木村拓哉【キムタクがミスターに突っ込み!!CM初“共演”】

 ふーん。
 なんか、びっくりしたときの表情が常に同じだなと、今朝テレビでやってるのみておもった。
 つか、あーいう顔って、中学生の頃に目をちょっとでも大きく見せようとやってた、つか、やる顔だよなww


 SMAPの木村拓哉(35)が、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(72)とCM初“共演”を果たした。

 10月1日から放送のセコム・ホームセキュリティーの新CMで、木村は長嶋監督が指揮する試合の録画を観賞。90年から同社のCMに出演している長嶋監督が、おなじみのフレーズ「セコムしてますか?」を試合中も発していることに気づき、木村もまねしてつぶやくコミカルな内容だ。

 「セコム−」を連発するミスターに、木村は「言い過ぎじゃないかなぁ」と突っ込みも披露。来年上旬から放送の球場編では、合成ながら2人のスターが東京ドームの試合で並び立つ。

 撮影で多彩なパターンの長嶋監督のものまねを披露したキムタクは「自分がこの世界観に参加できたことを、とてもうれしく思います。ちなみに、セコムしてます」。長嶋監督も「ユニークな企画ですね。木村拓哉さんと共演できて、うれしいです」とコメントしている。
(スポーツ報知)


木村拓哉語録―努力するのもカッコイイなと思えてくる (COSMO BOOKS)
木村拓哉語録―努力するのもカッコイイなと思えてくる (COSMO BOOKS)

YOSHIKI【YOSHIKIが相撲協会に抗議文】

 なんか、いくとこいくとこで、なんぞ起こすねぇ。
 トラブルメーカー?ww



 X JAPANのリーダーYOSHIKIが29日、日本相撲協会の無礼を告発するコメントを発表した。YOSHIKIは28日に秋場所大相撲で優勝した横綱白鵬(23)に招かれ両国国技館で千秋楽を観戦。打ち出し後の白鵬を囲んだ記念撮影に参加しようとしたところ、協会関係者である世話人からの「歩かないで走れ」などの、言葉遣いに激怒。一部で靴のまま畳に上がったとも報じられ「僕は呉服屋の長男。畳の上を靴で歩いたりしない」と反論した。この日、所属事務所が協会に抗議した。

 白鵬を祝福するはずが、恥をかかされたYOSHIKIが、大麻、八百長問題で揺れる相撲協会に怒りをぶつけた。この日夜、YOSHIKIは前日の支度部屋での騒動を釈明するコメントを、所属事務所は詳細を説明する1000字に及ぶ文書を発表した。

 それらによると、YOSHIKIはかねて交流のあった白鵬の誘いで、千秋楽を升席で観戦。取組後、混乱を避けるため帰ろうとしたが、白鵬の希望で優勝記念撮影に参加するため、車で待機することになった。撮影の準備が整った連絡を受け、関係者や報道陣でごった返し前方すら確認できない支度部屋に入ったところ、世話人から「急いで」「歩かないで」「走れ」と、“客扱い”されずにせかされ、要領を得ないまま撮影の最前列に加わった。さらに「あぐらをかけ」と指示され、中途半端な姿勢のまま撮影を終えた。

 その場は白鵬を気遣い、問題にしなかったが、一夜明けたこの日「お客さんをこのように扱う相撲協会って少しおかしくないですか? あの世話人の態度は人を不愉快にさせます」とコメント。所属事務所は「日本で最も礼儀作法を重んじるはずの協会が、あの言動は失礼」と関係者を通じて協会を抗議。謝罪の内容を含む回答を得たが、納得がいかず再抗議した。

 YOSHIKIが慌てたため、上がり座敷の板の部分にブーツのまま足をかけ、注意された。それを一部で、靴のまま畳に上がったと報じられたのも、プライドを傷つけた。今まで伏せていた実家の家業を持ち出し「僕はもともと呉服屋の長男です。いくらアメリカ生活が長いとはいえ、平気で畳の上を靴で歩いたりはしません。人ごみで場所さえ見えない中『走れ』と言われ、脇の板をステップにしようとしたんですが…。それって畳だったんですか? 今でも把握していません」とコメントした。

 記念撮影は全体のスケジュールが遅れ気味の中で行われ、直後のパレードを警備する警察からも急ぐように指示されていた。優勝記念撮影で、準備を終えた優勝力士より後に、出席者がやってくるケースはない。慌ただしい状況での世話役の言動だったが、YOSHIKIサイドには関係なかった。パレード後、怒りを知った白鵬が、YOSHIKIが食事をしている店を訪れ直接謝罪すると「横綱が悪いわけではないから」と、逆に優勝を祝福した。ただし、大相撲トップの横綱が頭を下げたことで、終わるはずの問題を終わらせなかった。
(日刊スポーツ)


X JAPAN COMPLETE II
X JAPAN COMPLETE II

石田純一【石田純一に未来はあるか!?】

 …路上に寝るなよww
 テレビで、「素足に靴はいてるのでばれた」って記者に言われてた。
 
 やばいときは、靴下はこうよww


●ネタ枯れ男にはプラスだけど

 石田純一(54)が久々に“色恋ネタ”で注目を集めた。発売中の「女性セブン」で、路上で一般女性と一緒に寝転んでいる姿を撮られたのだ。

 その女性との“お泊まり”はなく、所属事務所も「酔っぱらった女性を介抱していただけ」と説明。熱愛ではなさそうだが、石田にとっては久々の浮いた話である。

 かつてはモテ男といわれ、数々の色恋ネタを提供してきた石田だが、最近は精彩を欠いている。

 4年前に長谷川理恵(34)と破局して以来、ウワサになったのは女子大生だけ。その後は、長谷川に“復縁”を迫ってはかわされるワンパターンが続いている。

 22日に石田が「平尾昌晃チャリティーゴルフ」に登場した際も“ネタ切れ”だった。この大会はかつて石田が「不倫は文化だ」という名言を残した“舞台”だけに、取材陣はこぞって石田を追いかけたが、報道陣のムードは「最近は浮いた話がないので、一応、恋愛の話を聞いておこうか程度の軽い感じ」だった。石田は「恋愛? 最近はないですね。でも、近々良い話ができると思いますよ」と意味深長なコメントをしていたのだが。

「石田は赤裸々な“色恋ネタ”があってこそ話題になる。ネタ枯れで一番困っているのは、その期待に応えられない当の本人だったわけで……」(芸能関係者)

 今回の“色恋報道”をきっかけに、脈がなさそうな長谷川とはキッパリけじめをつけ、次の段階へ――。

(日刊ゲンダイ)


石田純一 青田典子 デートの罪と罰
石田純一 青田典子 デートの罪と罰

J・デップ、パイレーツ続編が決定=「ローン・レンジャー」新作も

 あれ、キーラ・ナイトレイは、もう出ないっていってたとかなんとか。
 J・ディップがいればOKってか。
 そうじゃないだろうww



 【ロサンゼルス28日時事】米人気俳優ジョニー・デップ(45)が米娯楽大手ウォルト・ディズニーの海賊映画シリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」第4弾を含む新作3本の出演契約を同社と結んだ。芸能紙バラエティーがこのほど報じた。

 パイレーツ・シリーズは3作の興行収入が26億ドル(約2800億円)超を記録。ジャック・スパロー船長役のデップの洒脱(しゃだつ)な演技は、ディズニー映画に「大人のファンを呼び込んだ」(同紙)と評される。

 デップはこのほか、日本でも1950年代後半からテレビ放映されて人気を博した西部劇「ローン・レンジャー」新作に主人公の相棒トント役で出演。鬼才ティム・バートン監督による名作童話「不思議の国のアリス」(2010年公開予定)の3D(立体)アニメ・実写混成映画で「いかれ帽子屋」を演じる。 

[時事通信社]


パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (Blu-ray Disc)
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (Blu-ray Disc)

中居正広【“生え際問題”の中居正広5位に違和感】

 5位って美味しいところだと思うんだけどね。

 中居くんは、顔があんだけ綺麗なのに、性格がオヤジだから、ちょ、引くんだよ。わかってないね、ゲンダイww


 毎年恒例「an・an」読者の「好きな男ランキング」。今年も1位はSMAPの木村拓哉(35)で15年連続だという。2位は福山雅治(39)、3位はKAT―TUNの赤西仁(24)で、昨年の8位から上昇した。

 ベスト30にランクインしたのはどれもイケメンだが、SMAPの中居正広(36)の5位にはちょっと違和感が……。

 中居はNHK紅白の司会を務めた人気者で、レギュラーをたくさん抱えている。しかし、最近の中居はルックスは納得としても“生え際問題”が話題になる。たとえば、グーグルが8月から開始した検索補助機能「Googleサジェスト」を使って「中居」と入力すると、組み合わせ用語の候補として真っ先に表示されるのが「正広」。その次は「はげ」「髪」と続く。それだけ、中居の生え際が関心を持たれているという証左である。来月「いい男祭り」を開催する、ラジオパーソナリティーで「いい男コメンテーター」の沖直実氏がこう言う。

「中居クンが5位ですか? 顔だけ見れば整っていると思うし、キャラが明るく人気なのもうなずけますが……。女性誌で引っ張りダコの小栗旬や、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス』でブレークした生田斗真、映画『恋空』で人気急上昇中の三浦春馬よりも中居クンのランクが上というのはちょっと腑(ふ)に落ちませんね。SMAPというブランドがそれだけ強力ということなのでしょうけど……」

 やっぱり男は外見よりも性格ってことか。生え際なんて関係ない。

(日刊ゲンダイ)


中居正広in「模倣犯」―ピースの世界
中居正広in「模倣犯」―ピースの世界

三倉茉奈、佳奈【三倉茉奈、佳奈“史上初カムバック女優”の楽しみ方】

 とりあえず、芸名かえてみるか?
 どーしてもマナカナって音がよくって呼んじゃうからね。


 NHKの朝ドラに、あのヒロインが帰ってくる。96年に放送された「ふたりっ子」で国民的人気者になった三倉茉奈、佳奈(ともに22歳)の双子姉妹だ。29日から始まる「だんだん」で主人公の双子姉妹を演じる。朝ドラから巣立ったスターが再び朝ドラに舞い戻るのは史上初のこと。オーディションを経ないでヒロインを決めたのも極めて異例で、これらはすべて12年前「ふたりっ子」の演出に関わった長沖渉監督が決めたことという。と聞くとデレデレの監督を想像するが、実は正反対。「なぜ今更マナカナなんだと思う人がいるかも知れん」「そう思われないよう、この12年間につけた“癖”は全部捨てろ」とハッパをかけているという。

 そこで気になるのはマナカナの12年だ。たしか関西の名門大学に進学したのは、たまに見かけるバラエティーなどで伝え聞いていたが、この間、女優業もずっと続けていたのか。結論からいえば、答えは「イエス」。ただしちょっと特徴があって、テレビよりもむしろ舞台に力を入れていたようだ。

「その理由はタイトルを聞けばピンときます。出演した舞台は『アルプスの少女ハイジ』や『大草原の小さな家』など“普通”の芝居なのに対して、テレビドラマは『双子探偵』など“双子モノ”“姉妹モノ”に限定されてしまう。長丁場の舞台では1人の主人公を2人が交代で演じるダブルキャストという手で、その限定をむしろ“強み”に変えられるのです」(演劇関係者)

 先にいった名門大学とは関西学院大学。2人とも04年、同大社会学部に入学し、今年3月に無事卒業した。今後の課題はもちろん、「ピンでの活動」である。

 いや、これまでも「ピン」の活動がなかったわけではない。たとえば03年の映画「ラブレター」は茉奈の方しか出ていない。しかし、ピンのオファーはたいてい「どっちでもいいから1人」という頼み方だったらしい。

「本人たちもそれは十分に意識していて、あるインタビューでは“その役なら茉奈じゃないととか、この役は佳奈に合うという女優になりたい”と言っていた。例の細木数子の番組に出たときも“今後はピンの活動も増やしたい”と相談していた」(芸能記者)

 今度の「だんだん」も残念ながら(?)双子の役である。しかし、生まれてすぐに離れ離れになり、シジミ漁師の娘として奔放に育った茉奈と、芸の道一筋という家で厳格に育てられた佳奈という対照的な役柄を演じるという。見た目はソックリな2人が両者の違いをどんなふうに演じ分けるか。そんなところに注目して朝ドラを見るのも面白そうだ。

(日刊ゲンダイ)



はじめまして三倉茉奈です。はじめまして三倉佳奈です。
はじめまして三倉茉奈です。はじめまして三倉佳奈です。

藤田まことが“復活仕事人”!中村主水17年ぶり連ドラ復活

 必殺仕事人復活はいいんだが、ジャニーズに頼るんだね。
 微妙ww


 食道がんで療養中の俳優・藤田まこと(75)が、来年1月に17年ぶりに連続ドラマとして復活するテレビ朝日系時代劇「必殺仕事人2009」(金曜・後9時)に出演することが28日、発表された。10月中旬から始まる撮影に機を見て合流する予定で、3月から休養していた藤田は、手術を乗り越え、約7か月ぶりの仕事復帰。中村主水役で、主演の少年隊・東山紀之(41)ら新仕事人とのコンビに意欲を見せている。

 病の淵(ふち)から、不滅の仕事人が帰ってくる。

 藤田は食道腫瘍(しゅよう)のため、3月に大阪府内の病院に入院。放射線治療に加え、5月には7〜8時間に及ぶ大手術を受けた。休養のため、東京・明治座6月公演、大阪松竹座9月公演の「剣客商売」を降板。関係者によると、現在は府内の別の療養施設でリハビリし、今作に向けて体調を整えているといい、満を持して、当たり役の中村主水とともに連ドラでカムバックする。

 1972年「必殺仕掛人」からスタートした必殺シリーズは、闇の世界の殺し屋が弱者の恨みを晴らすため、巨悪を成敗する痛快劇。昨年7月には藤田と東山、TOKIO・松岡昌宏(31)、関ジャニ∞・大倉忠義(23)の新仕事人が共演したスペシャル「必殺仕事人2007」が放送され、関東地区で平均視聴率20・9%、関西地区で同24・0%と根強い人気を証明した。

 続編の要望が高まり、「必殺仕事人」としても79年の誕生から来年で30周年を迎えるため、記念の連ドラ復活が実現した。物語は東山をはじめジャニーズ3世代の若手仕事人を軸に展開。ベテランの主水は南町奉行所自身番という閑職にまわるが、スゴ腕は健在だ。10月中旬に京都でクランクインし、藤田もタイミングを見て合流する。

 3月のディナーショー以来、約7か月ぶりとなる現場に向け、仕事人・藤田は「中村主水の17年ぶりの連ドラ復活をうれしく思います。皆様に元気な主水の姿をお届けできますよう、日々英気を養っております」と不屈の闘志を燃やしている。
(スポーツ報知)



必殺仕事人 2007
必殺仕事人 2007

宇多田ヒカル【宇多田ヒカルがフジ系“月9主題歌”】

 新しい月9ってゆずの人が出てるんじゃなかったっけ??
 でも、宇多田ヒカルなんだ。

 ふむふむ。


 10月20日スタートのフジテレビ系月9ドラマ「イノセント・ラヴ」の主題歌が歌手、宇多田ヒカル(25)の「Eternally−Drama Mix」に決まったことが28日、分かった。

 宇多田の“月9主題歌”は、平成13年の「HERO」の「Can You Keep A Secret?」以来。だが同局のドラマは今年4月にスタートした「ラスト・フレンズ」で、「Prisoner Of Love」(木曜後10・0)が主題歌となったばかりだ。


 最終回で22.8%の高視聴率を記録した「ラスト−」の制作チームが、「イノセント・ラヴ」を担当することになり、再び宇多田にオファー。選ばれたのは「Can−」と共にセカンドアルバム「Distance」(13年)に収録され、ライブで1度も演奏されていない、幻の名曲だ。


 フジの中野利幸プロデューサーは「この隠れた名曲は、メロディーも歌詞もタイトルも、このドラマをイメージして作ったと思えるほどにはまっています」とベタぼれだ。


 宇多田側も、ドラマの内容に合わせ曲をロンドンでリミックス。ベースとドラムが強調された原曲を、ボーカル中心の美しいバラードにアレンジした。「2008年のサウンドに生まれ変わりました」と、初回放送と同日から「着うた」での配信を開始。ドラマとの相乗効果を期待している。
(サンケイスポーツ)


Prisoner Of Love(CD+DVD)
Prisoner Of Love(CD+DVD)

はるな愛【はるな愛 なぜこんなにテレビに出ているんだ!?】

 ホント、なんでこんなに出てるんだろうねぇ。
 不思議。

 でもって、あややのCM見ると「あ、はるな愛だ」と思うようになったww


●“本家”あややを超えた

 活躍ぶりはすでに“本家”を超えている。

 松浦亜弥の振りマネ“エアあやや”でブレークしたニューハーフタレント・はるな愛(32)が、あちこちから引っ張りダコだ。

 レギュラーの「オビラジR」(TBS)をはじめ、「あらびき団」「ひみつのアラシちゃん!」(いずれもTBS)、「エンタの神様」(日本テレビ)などに準レギュラーとして出演中。すごいのはゲスト出演で、9月20日から30日までの期間で12本もの番組に顔を出す。まさに、テレビで顔を見ない日はない状態だ。

「はるなの強みは朝の情報番組からゴールデンや深夜のバラエティーまで、ジャンルを問わずこなせることです。テレビ界では“キワモノは消費期限が短い”といわれていますが、はるなは例外。ニューハーフでも美人顔だし、トークもうまくてあやや以外のモノマネまでできる。水商売の経験を生かした接客術なども評判がいいんです。しかも、吉本興業をはじめ、大手芸能プロのタレントとの太いパイプも持っている。プッシュしている“言うよね〜”はイマイチ浸透していませんが、息の長い活躍ができそうです」(マスコミ関係者)

 出演ラッシュが続いているだけに、稼ぎっぷりもなかなかだ。

「はるなのギャラはゴールデン・プライム帯で1本50万〜60万円、それ以外は1本30万円といわれています。9月の後半10日間はゴールデン特番が4本、それ以外は8本に出演しているから、単純計算で約500万円を稼いでいます。これから1カ月近くは改編期のスペシャル番組が数多く編成されているから、まだまだ稼ぎそうです」(テレビ関係者)

 はるなは本業以外に“実業家”の顔も持っている。バー、鉄板焼きなど数店の飲食店を経営し、今後も新たな出店を計画しているという。

 失速気味の“本家”あややは、もっとはるなの勢いにあやかりたいだろう。

(日刊ゲンダイ)


松浦亜弥 コンサートツアー 2003 春 ~松リング PINK~
松浦亜弥 コンサートツアー 2003 春 ~松リング PINK~

 | HOME |  »

Appendix

jin

jin

DTIブログにようこそ!

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Monthly

Categories

<% content.header -%> <% content.free.text %> <% content.footer -%>

 *** 








Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks